「ほっ」と。キャンペーン

奏想歌

私が迷い悩んだ時
隣にはずっとあなたがいて
いつもあの歌を歌ってくれた

あなたの創った音色に癒され
あなたの歌声に心を奪われ
幸せだったあの時間
何度永遠を願っただろう


歌を聞く度に溢れ出す
数えきれない涙と後悔は
あの日に降った雨と共に
流してしまったはずなのに

音の向こうにある笑顔
詩(うた)の向こうにあるコトバ
確かにあったあなたの存在
強く深い二人の絆


あなたに届けていた声(ねいろ)
あなたに伝えていた言葉(うた)
これからは誰の隣で過ごせばいい?
誰の隣で・・・詠えばいい?



一人になると歌を歌う
あなたの存在を思いながら
消えないように・・・
消さないように・・・


もう二度と聴けない   
あなたのウタを
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2005-04-24 22:39 | ウタ

魔法のランプ


やぁ、ボクは魔法のランプの精だよ。どんな願いでも叶えてあげる
         
え?願いを叶えてばかりで損していないかって?

アハハハ。きみって変なこと聞くんだね

あいにく、ボクは損をしてるなんて全然思っちゃいないさ

こんなにおもしろい事は他にないからね

何がおもしろいかって?

願いを叶えたヒトの行く末さ
     
そうだなぁ。例えば・・・・


   「巨万の富」を願った人は   
     そのお金を狙った泥棒達に殺せれちゃった

   「世界一の美貌」を願った人は
     嫉妬に狂った女達に身体のあちこちを取られて死んじゃった   
 
   「永遠の命」を願った人は   
     年をとらないって気味悪がられ誰も知らない場所で暮らすように
     なっちゃった           


みんな最初は些細な事を願ったんだよ

でも、どんどん欲望(ネガイ)が大きくなっちゃったんだ

ヒトって本当に飽きないイキモノだよね

          
あ、また誰か来たみたいだ

今度はどんな最期(ネガイ)が見られるのかな


やあ、ボクは魔法のランプの精だよ

どんな願いでも叶えてあげる

さあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



          ア ナ タ ノ ネ ガ イ ハ ナ ニ ?
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2005-03-30 01:37 | モノガタリ

約束

あなたはまだ覚えている?
幼き日に交わした 
未来のための約束を


共に笑い 共に泣き 
気がつけばいつも傍にいて
隣にいるのが当たり前で


花吹雪が舞う桜の道
雨上がりに見た大きな虹
夕暮れまで遊んだ紅葉の山
踏みながら歩いた霜柱


どれほどの時間を過ごしただろう

どれだけの時間を過ごせただろう


私は今でも覚えているよ
あなたとの時間 
あなたとの距離
そして あの約束も

『二人で過ごした日々のことは

「思い出」として忘れないで

「記憶」として留めておこう

いつまでも  いつまでも・・・』
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2005-01-30 22:23 | コトバ

約束をしているわけではない
どうしても連絡がとれない日もある
たとえそうだとわかっていても
それでも夜が待ち遠しい


何気ない一言 一瞬の表情
優しい声 温かい言葉
変わらない日常 安らぎの場所
最大限の   祈りを込めて  


共に過ごせるわずかな時間
嬉しいと寂しいが交錯する
眠る瞬間がたまらなく切なく
見上げる寝顔がたまらなく愛しい


心地よい懐抱 伝わる鼓動(おと)     
見つめる笑顔 やわらかな温もり 
護りたい幸せ 大切な人
最大限の  願いと共に
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2004-12-24 02:54 | コトバ

オモイビト


「好きでいてくれて・・・・・ありがとう」

それがあなたの    最後の想い

「いつかまた・・・・・共に暮らそう」

それがあなたの    最後の言葉

「心はいつでも・・・・・一緒にいるよ」

それがあなたの    最後の約束


悲しみ  苦しみ  不安  つらさ  

全てを乗り越えられなくても

落ち込む時が多くても

天気のいい日には

空を見上げて笑っていよう


それが私の   あなたへの応え



「俺の分まで・・・・・・・・幸せに」



それがあなたの    最後の願い
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2004-11-06 00:39 | コトバ

堕ちゆく者

彷徨えるは常世の果て


現世に還る回顧の念


儚く消える光明の楔


後に残るは深淵の闇・・・・
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2004-10-21 00:33 | コトバ

コトノハ

夜が訪れる度 寂しさを覚えた
どれだけの涙が 頬を伝っただろう
それでも 「強さ」を知った私には
今のココロに揺るぎはないと 
信じる事ができるから

光が 世界を明るく照らし
闇が 世界を眠りへ誘う
それがこの世の理ならば
あなたの声を 日々に求め
あなたの姿を 夢に想う
それが   私のコトワリ

幾千の月日  幾億の時間 
うつろい惑う  世界の中で
私の想い  コトノハの先
あなたがいること  切に願う

「哀しみ」や「辛さ」を乗り越えて
『生きる』ということの喜びを
あなたに出会って 初めて理解った 

2人がどれだけ  離れていても
一言でいい  あなたに届け
伝えたい想い  コトノハにのせて
「同じ時世(とき)を  共に生きよう」
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2004-10-18 02:21 | ウタ

吟遊詩人







奏でよう   悠久の調べ

陽の明るさ  星の瞬き  月の灯火

全てを消し去る  音色と共に

痕に残るは  永久(とわ)なる静寂
  
無限という名の  漆黒の闇 

ヒトはそれを   何と呼ぶ・・・・








                 
[PR]
# by lxlmikanlxl | 2004-10-15 21:48 | コトバ